読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Week 1

渡英後一週間と5日が経ち、ようやく最初のバタバタが落ち着き始めているのを感じます。世界基準的にいうと(と言えるほど人生経験はありませんが)東京とロンドンは似ている方だと思うのですが、当然小さな(であると同時に意外と大事な)ところがチラホラ違い、それらが日々小さな刺激として蓄積しているせいか、ほぼ毎日のように夕食を食べた途端に目眩のような睡魔にノックアウトされて、床に平伏しています。(SIGGRAPH 2014のETechの日々を思い出す。)多分すごいスピードで慣れようとしているのと同時に、違和感をすぐ忘れていっちゃうような気もするので、粗いメモとして書き残しておこう、と思います。

 

大学のこと

- IDE修士の学生の自己紹介(1分+1スライド)を見たところ、みんな話が上手い。こういう場で人となり(真面目系、ジョーク系、お花畑系、)が出てくるように思えた。

- IDEの博士課程 (MPhil/PhD) の同期は、意外にもあと4人いるらしい(といってもそのうち2人しか多分まだ大学に到着してない)。一人はIDE修士卒、もう一人はケンブリッジ卒、二人ともしっかりとファンディングを受けているという、なかなか厳つい感じだが、二人ともチャーミングな女の子で、それがまた逆に怖い。

- 何故かIDEの博士学生にNASAの元executiveがいる。

- 英語の聞き取り力が、まだかなり状況と人による。細かい訛りやら話題(ボキャブラリー)がまだ自分に十分にインストールされていない感じ。これはもはや努力というよりも経験値の問題な気がする。

- イギリス英語の細かい文法やら発音の隠れファンとしての一つの発見は、'royal'の発音における'y’がかなり弱く抜け落ちていて、[roiyal]というよりもほぼ [roiol]と発音されているように聞こえる。こういうの、多分まだまだある。

- 学生vs学務課のQ&Aセッションのときに 'What is the biggest change a student has made on the college?' という質問に、'ダイソンビルができたこと' と返されて、まあ確かにそうだけども、と思った。

- 博士学生もちらほらいる。ただし年齢層は高め。なぜだかリサーチ系の人の話の方が聞き取りやすい。思うに、求められる発言/会話スキルがかなり違っていて、じっくり考えて文章を組み立ててそれをしゃべる(つまり少し文語的になることもある)ことが研究畑の人の方が多く、その方が頭の中で英作文/英訳の問題を解いているみたいに考えられて、自分にとっては現状やりやすい、のかも。

- 博士学生に向けたオリエンテーションセッションで、教授陣が持ち時間10分間を本当に淀みなく喋り続ける。

- Design Product科の卒業生有志展示が良かった。これまで東京で見たプロダクト系の展示であまり良いと思うことが少なかったからその点新鮮だった。2年前にそこを卒業した友達曰く 'They should be good.' とのこと。

 

日常のこと

- バス停で椅子に座ってるだけだと全然無視される。(ほかに人がいないときは)アピールしないと止まってくれない。

- バスが多くて便利だが、渋滞がかなり多い(時間が全然読めない)。

- 空気がやや汚い。

- ヒースロー近くに滞在していて、空を見上げると飛行機雲だらけであることが多い。かなり近くを飛行機が飛んでいて、最初かなりビビる。

- KINTANという焼肉屋が中心地近くにあって、ここはユートピアだ、と思った。

- 滞在先に親戚の赤ちゃんがいて、すごく笑ってくれるのが嬉しい。

 

謝辞

- 友達が渡英前にくれたお箸がかなり役に立ってます。ありがとうございます!

- 後輩がくれた買い物袋と日本食が今になって心に染みてます。ありがとうございます!

- 先輩がくれたアイマスクはまだ使えてませんが、今夜あたり使ってみます。ありがとうございます!


記念すべき最初の1-2週目について、活字でなければきっと乱筆なメモにて。Paddingtonからの深夜便に揺られながら。